ファンドラップフィーを考えよう!お得な始め方のポイントとは?

ファンドラップに必要なファンドラップフィー

ファンドラップによって資産運用をするときには手数料がかかることは忘れてはなりません。プロによるアドバイスを受けながら投資信託で運用できるのがファンドラップの特徴であり、そのアドバイスを受けるための投資顧問料及び管理手数料が必要になります。これがファンドラップフィーを呼ばれるものです。ファンドラップを始めるときにはファンドラップフィーを抑えるという視点が重要になります。通常は運用している資産に比例した金額になるので、特に大きな資産を動かすというときにはファンドラップフィーによる損失を考慮しなければなりません。

ファンドラップフィーの違いに着目

証券会社によって提供されているファンドラップでは、それぞれの会社が同時にファンドラップフィーを設定しています。平均的にみると運用資産の1.5%程度になっていますが、安いところでは1%に近く、高いところでは2%近くにまでなっているのが特徴です。安ければそれだけ余計な損失を生まなくなるのは確かであり、ただファンドラップフィーが低いことを重視して選ぶのも決して間違った判断ではありません。しかし、運用実績が悪い証券会社を選んでしまうと、運用利益が上がらないために損失が生じてしまうリスクもあります。ファンドラップの始め方として、まずはファンドラップフィーの低い証券会社から順に実績を調べていき、確かに利益を上げている状況がここ数年は続いているというのを確認してから口座開設をするのが賢明な方法でしょう。

jリートのファンドは多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンション等を購入しその賃貸収入、売買益を投資家に分配する金融商品です。