信用取引を使った資産運用のメリットとデメリットについて

信用取引を使うデメリットとは

信用取引とは証拠金として口座に預けてある金額以上の額を一時的に証券会社に借りる形で運用できる制度です。証拠金以上の金額を取引できるので一時的に現金が用意できなかったり、資金不足によって満足に投資が投資ができていないという問題を解消できます。しかし証拠金以上の金額を取引できるという事は最大で入金してある金額以上の損失が出る可能性があるという事です。さらに一時的に証券会社に資金を借りて取引している状態なので、手数料が発生します。現物取引では発生しない手数料が必要になるという事はそれだけ利益が差し引かれてしまうデメリットもるのです。さらに信用取引によって借りている資金は返済期限が設けられている場合もあるので、返済期限が定められている場合はまだ決済するには早いと思っても資金が用意できなければ株式を決済して返済しなくてはなりません。そのため決済をする時期を自由に決められなくなる事もあるのです。

信用取引を利用するメリット

信用取引を利用する事で証拠金以上の金額の取引が可能になるので、資金の少ない投資家も資金が豊富にある投資家同じように投資ができるようになります。それによって資金が少なくても資金不足を理由に投資を見送る必要がなくなるので、投資の効率を上げる事ができます。また一時的に株取引に使っている資金を引きあげなくてはならない場合などでも信用取引を使えば無理に持っている株式を決済しなくても良くなるので、無駄な損失をなくす事ができます。

信用取引の担保は現金か保有している株式です。その際、担保として必要とされる金額は証券会社ごとに違います。