もし、子供が不登校になったらどうする!?不登校の原因と対処法について

子供が不登校になる事には、必ず原因がある

自分の子供がもし不登校になってしまったら。本当に心配な気持ちになりますよね。

でも、子供達はいつ不登校になるか分かりません。どんなに小学校の頃は元気に学校に通っていたとしても、中学校に入ってから不登校になってしまうケースもあります。

子供が不登校になる事には、必ずと言って良いほど原因があるはずです。

クラスメイトからいじめられたり、無視されたり、好きな子に振られたり、学校の先生にきつく怒られて凹んでいたりなど、人によって理由は様々です。

親の対応として大切なのが、「学校に行きたくない」と言われた時に、かっとなって怒鳴りちらしたりせずに、まずは話を聞いてあげることではないでしょうか。

子供が不登校に陥ってしまう原因を探り、一緒に解決していこうとする姿勢が必要だと思います。

子供の絶対的な味方になり、背中を押してあげる

親はどんな時でも、子供の味方です。でも、子供はそれを解かっていないかもしれません。

だからこそ、不登校の原因をしっかり聴き取って、自分が味方であることを伝えなければなりません。

もしもいじめが原因で学校に行きたくないと言っているのであれば、学校に行かせなくても良いのです。無理に行かせれば、子供に余計辛い思いをさせてしまうかもしれません。

まずは学校を休ませて、子供を元気にさせます。その上で時には子供の背中を押したりしながら、一緒に問題を解決していけばいいのです。

もしいじめ問題が解決しないのであれば、転校させるのも一つの手段です。その時はいじめが無い学校かどうかをしっかりリサーチした上で、出来るだけ良い学校に転校させてあげましょう。

不登校の根は深刻な問題です。周りのサポートを極力利用し、ただし無理強いはしないように気を付けましょう。1人でも友達がいてくれることが救いになるのです。