個人型確定拠出年金って何?国民年金とはどう違うの?

自分で年金作りができる制度を利用できる

年金といえば、国民年金などの公的年金が知られています。ルールに従って保険料を払っておけば、所定の年数以降一生年金が受けられます。その他、生命保険会社が提供する個人年金がありますが、こちらは定期年金が主流で、一定期間のみ受けられるタイプが多くなっています。これらだけで老後資金を用意するのは難しいとされているので、その他にも自力で貯蓄をした方が良いとされています。この時に利用すると良いのが個人型確定拠出年金です。企業型とは異なり、主に自分でお金を拠出して準備をしていきます。1箇月に拠出できる限度などがありますが、それを利用して運用などが可能になります。将来的に受けるときは、公的年金と同じように受けられます。

利益が出たとしても課税されずに運用可能

銀行預金を利用して利息を受けると、それに対して利子税が加算されます。株式投資をすれば、配当金が受けられます。それに対しても税金がかかりますし、売買益にも税金がかかります。税金がかかればその分資産は減じられます。税金はルールなので従うしかありません。ただ、資産形成をしていく上では効率が悪くなります。個人型確定拠出年金は、国が用意した制度になります。この制度の下で預金や投資をしたとき、それによって得られた利益に対しては課税がされないようになっています。銀行預金も利用できますが、本来徴収される20パーセントほどの税金もかかりません。再投資ができるので、効率よく年金資産がじゅんびできます。年金のためならこの制度を利用した方がいいでしょう。

個人型確定拠出年金とは、毎月一定額を積み立てて投資信託をすることで自分の年金を自分で作る資産運用です。積み立てる掛け金は全額所得控除されます。