プレゼント選びで実践練習も!?楽しく役に立つ心理学のお勉強!

「心理学」って難しいの?

心理学と言われて何を連想しますか?人を使った実験とか、テレビに出演している大学教授とか、或いは「相手の考えを読む方法!」のようなタイトルのハウツー本を思い浮かべる人もいるでしょう。人の心を科学的に追究する心理学は、簡単な学問ではないかも知れません。しかし、それは誰もが楽しく興味を抱ける魅力的な分野でもあるのです。

自分はどのタイプ?思わず試したくなる心理学の豆知識

心理学には「人は三つの“感覚”で物事を考える」と言う説があります。具体的には「視覚・聴覚・体感覚」です。試しに好きな歌手を思い出して下さい。さて、何を考えましたか?
その人の顔やライブ映像など、目に見える様子を思い出したのなら、あなたは主に「視覚」を使う人かも知れません。声や歌詞など、耳で聞けることを思い出したとすれば、普段から「聴覚」を良く使っている可能性があります。体がうずうずしたり、お気に入りの曲を聞いた時の興奮が蘇ってきたならば、あなたは「体感覚」に優れた人でしょう。このように、人には“得意な感覚”があると考えるのです。

大切な人へのプレゼントに添えるものは花束?心理学?

もしも好きな相手の「得意な感覚」が分かったなら、例えばプレゼントの渡し方も工夫できます。視覚が得意な人へ、夜景の見える展望台や夕陽の綺麗な砂浜など、美しい景色の中で渡す演出は素敵でしょう。聴覚が得意な人であれば、直筆の手紙を添えて、それを読んであげるのも良いですね。体感覚が得意な人には、花の香りで満ちた室内で片方の手を握りながらプレゼントを差し出す、そんな方法が有効かも知れません。勿論、これらはあくまでも一例ですが、心理学が「人の心を考える学問」である限り、人々の日常と無縁ではいられません。
そう考えると、心理学のお勉強も楽しめそうではありませんか?

心理学の大学に通学をすることで、将来的にカウンセラーをはじめとする専門的な資格を取得する際に役立ちます。