編入とは違う!高校を転校するにはどうすればいい?

高校は転校が可能なのか?

一般的に転校と聞くと小学校や中学校までの義務教育が連想されるのですが、実は高校でも転校は可能です。特に高校の場合は辞めてしまうと卒業資格を改めて取得しなければならないので、今通っている学校に不満や問題があれば転入よりも転校する方がおすすめされる場合も多いと言われています。

ちなみに高校の転校は小学校や中学校とは手続きや条件が異なっているので、その点に注意する必要があります。

転校と編入の違いは?

転校とは高校に在籍している状態で高校だけを変更する手続きで、私立なら私立、公立なら公立と同じ立場の学校間で手続きが出来るようになっています。それに対して編入とは、一度退学している状態の人が新たに高校に入学する手続きです。

つまり転校と編入の違いは一度高校を退学するのかどうかで、試験や面接はどちらも学校によっても受けるようになっているようです。そのためどちらの手続きで希望する高校に入るのかは、どちらの制度を利用できるのかどうか、入学する生徒自身の事情にもよります。

高校に転校する方法について

高校を転校する場合、まずは現在通っている高校と新しく通う予定の高校とで連絡を取り合ってもらいます。そこでお互いに転校の手続きが可能であると判断されれば必要書類を学校側に発行してもらい、通う予定の高校に転校の意思を伝えて必要書類を提出すれば大丈夫です。

あとは必要に応じて筆記試験や面接を受けるようになるほか、どの学年からスタートするのか、転校のタイミングなどをそれぞれの高校と話し合いながら手続きを進めていくようになります。

高校を転校する場合、「欠員募集」が出ている学校が条件となります。欠員募集が出ている学校なら私立公立関係なく転校が可能です。