借金をなかったことにできる方法がある?コツややり方を紹介

時効の援用の制度を利用する

借金を返せなくなり、延滞を長期間し続けていても支払いができる見込みがない場合は、債務整理をするのが一般的です。しかし、借金の返済期間には時効があります。一定期間、返済せずにいると債権が消滅し、返済する義務自体がなくなります。時効が到来するのを待ってから、相手先に返済義務がなくなったことを通知して、棒引きにすることを時効の援用と言います。

時効が成立するのはいつか

相手先が貸金業や銀行の場合は、時効が成立するまで5年かかります。信用金庫や公的機関が提供する住宅ローン、友人知人等の場合は、商法の上では商人に当たらないため、10年かかる場合があります。起算する日は、最終返済日の翌日からとなり、個人信用情報を開示請求して確認するといいでしょう。注意したいのは、途中で少額でも支払った場合です。時効がリセットされ、支払った翌日から起算することになりますので、気をつけてください。また、訴訟を起こされていて、判決が出た場合にも時効が中断してしまうので、その翌日から5年または10年と待たなくてはいけません。

時効が中断されていないことを確認したら

時効の援用をする前に、時効が成立しているか判断に迷う場合は、法律事務所等で相談してみると良いでしょう。相手先の金融機関に援用通知を送る際は、借金の契約した番号や、契約年月日等の特有の情報を記載して、借金に対して時効の援用をすると記載します。法律関係の事務所では、テンプレートが用意されていることもあります。郵送する際には、郵便局の窓口で内容証明郵便として送付すると控えが郵便局にも残りますので、万が一の時にも証拠として提出できるでしょう。

時効援用とは、債権者に対して時効の制度を利用する意思を伝え、消滅時効の利益を受ける旨の意思表示をすることです。これにより、借金を返済する必要がなくなります。