どこを選ぶ?ペット保険のチェックポイント

月々の支払金額をチェックしよう

毎月支払う保険金額をチェックしましょう。一般的には、ペットの種類、年齢、あるいは体重で保険金額が設定されています。人間の場合と同じように、年齢が高ければその分、疾病リスクも高く保険金額も高くなることがあります。特に持病がある場合は、保険自体に入れないもしくは掛け金が高くなることもありますので、継続して支払うことができるか、という点も合わせてチェックしましょう。なお、月払い・年払いと選択できるケースがあり、年払いの場合には手数料等がお得になることもあります。

適用範囲をチェックしよう

一般に、狂犬病やフィラリアといったワクチンやシャンプーなどには、保険は適用されません。また、年間の利用回数や手術の回数の制限があることも。さらに、1回の診察は1万円まで、手術は10万円まで、など病院における保険の適用金額が設定されています。保険のコースを選ぶことで、こういった制限金額・範囲が変更できることもありますので、どの範囲で保険を使いたいのか、ニーズに合わせて選択しましょう。

保険金の支払われる方法を確認しよう

保険を利用する場合、人間と同じように病院の窓口で清算されるのが一番スムーズな方法です。しかし、保険によっては、自分で保険金支払い請求書を記入して、保険会社に送る方法を取っているところもあります。また、動物病院によっては窓口清算が使えない場合もあります。まずは、通っている動物病院に、保険の利用が可能かどうか確認をすることから始めるとよいでしょう。この他にも、使用頻度や保険料など、その他の項目と合わせて、最も使い勝手が良い保険を選択することをお勧めします。

ペット保険の比較をするならペットの種類や加入年齢から、各保険会社の保険料を比較できるサイトがあります。