老後の資産運用にも最適!?比較的低リスクな金融商品三選

定期預金は元本保証なのでリスクはほとんどない

元本保証の金融商品は、基本的に減ることがありません。100万円入れたなら、100万円以下にはならないのです。もちろん日本円の価値自体も変動しているので、対ドルに対して強くなったり弱くなったりすることはありますが、額面上は減ることがないわけです。これは、低リスクと言って差し支えないでしょう。銀行預金は元本保証の金融商品ですが、普通預金は利率が低いので、少しでも利率を高くするために定期預金を選択するのが投資の世界では一般的です。普通預金は通常、投資とは言いませんね。定期預金なら、普通預金の十倍の金利が付くこともあります。

投資信託も商品によってはリスクが低い

投資信託の中にも、リスクの低いものはあります。たとえば先進国の国債に投資ができるものなら、銀行預金と変わらぬ安定感が出せます。日本国債も元本保証なので、日本国債のみに投資をするものなら、額面上数字が減って返ってくることがありません。金利分の得ができるのでおすすめです。REITも投資信託の一種ですが、これも分散投資効果には期待できるので、低リスクな商品だと考えていいでしょう。

株の中にも分散投資効果が効いているものはある

株はリスクが高くなると言われていますが、最近は様々な商品が登場してきているので、一概に危険だとも言えなくなりました。特に上場投資信託という商品群の中には、分散投資がよく効いているものもあります。世界株は、世界中の株式に分散投資ができるもので、これなら倒産リスクはほぼ考えなくてよくなります。世界株に投資をしていれば、日本の経済状態が悪化してもダメージは小さくて済みます。

原油の先物では、政治や経済といった世界情勢に加えて原油の生産量によっても価格が大きく変動するため、こまめな情報収集を心掛ける必要があります。